Home > Archives > 2011-09 Archive

2011-09 Archive

自分的家族葬サポートの醍醐味とは…

  • Posted by: koike
  • 2011年9月28日 5:14 PM
  • ブログ

先日の9月27日に、県内さいたま市内の公営浦和斎場にて、家族葬のお手伝いをさせて頂きました… 

「家族葬…」 最近は本当に多くのお客様に相談を受ける葬儀の形ですが、

今回のサポートでも、喪主様を含めた10名弱の家族葬でした。

式当日はもちろんですが、数日前から打ち合わせを繰り返してゆくうちに、

色々な過去のお話や、ご相談を受けました。

「お葬式ってこんなイメージなんだけど、どう思いますか…」

「そのイメージですと、このようにされると良いかもしれませんね…」

そんなやり取りなどを数回繰り返して形を作り、当日を迎えます。

そこには喪主様の他に、御親戚の方々、おばあちゃん、おばあちゃんを親身にお世話する

甥っこ 姪っこさん…

皆さまの故人様への思いや、故人様へお声掛けされているお言葉が、

リアルタイムに響いてきます。

御遺族様に、より近い位置でサポートさせて頂けます。

数百人の御葬儀式ですと、式を問題無く進めるために、より多くの方々へのご対応に

時間を費やすのですが、家族葬の時には少し時間配分も調節できるために、より御遺族様の

近くに居させて頂けますので、前出のように体感できるのです…

お棺に寄り添いながら、お声には出していないのですが、

「ありがとう…」らしき口の動きや、お棺を抱きながら摩る手と棺の摩擦音…

声にならない悲しみを一生懸命抑えられている息づかい…

それら全てを よりリアルに感じる事が出来ます。

また、そのような感じを自分に受け入れながら、自分が係る業務の大事さと、

真剣勝負の2日間だという事を実感できます…

これが私なりの家族葬をサポートするプロの醍醐味だと考え、また明日からの業務にあたりたいと思います…

埼玉県さいたま市 ひかり会館葬儀サポート…

  • Posted by: koike
  • 2011年9月20日 6:28 PM
  • ブログ

こんにちは。 E葬儀屋の小池でございます。 本日地元の斎場でお手伝いがあったのですが、

故人様がまだお若い方と言うのもあり、お通夜には約450名程の御会葬者さまが御弔問にお越しになりました…

個人的な事で恐縮なのですが、故人様が私の実姉と同じ歳でした…

なにげなく居てくれる有難みと、存在の大きさを痛感させて頂いたお葬式でございました。

最初に喪主様から今回のご依頼のご連絡を頂いてから本日までの約5日間、

自分的にも気を張っていたのですが、特に用事は無いのですが、今日の夜 実姉に電話してみようと思いました… <(_ _)>

Home > Archives > 2011-09 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top