Home > 葬儀

葬儀 Archive

都内葛飾区四ツ木斎場

  • Posted by: koike
  • 2010年11月12日 5:06 PM
  • 葬儀

みなさんこんにちは。 今回の小池のブログは、四ツ木斎場のご紹介です。

都内に数ヵ所ある民営式場の一つです。 どなたでも利用出来るので、大変助かってます。

地域の方々(今回は葛飾区のお客様で、もちろん同斎場も葛飾区です)には良くご利用されるようで、

言わずと知れた… そんな斎場です。

ちなみに今回のご利用内訳は、【霊安室/式場/火葬】病院や各施設などより直接搬送させて頂き、

ご安置から火葬まで全てを四ツ木斎場で執り行いました。

使って納得公営施設!

  • Posted by: koike
  • 2010年11月9日 7:05 PM
  • 葬儀

今日の小池のブログは、埼玉県さいたま市にある、公営ひかり会館でのお手伝いでした。

地元の方にはおなじみの葬儀会館です。 どうですか?皆さまの地域には、市区町村などが運営している葬儀式場は

ありますか? もしそのような葬儀式場がある場合には、やはり有効活用された方がお得です…  なぜかと言うと、

もちろん使用料が安い事です! まぁ安い分、絢爛豪華な『シャンデリアや噴水や巨大な式場スクリーンモニター』などは無い場合が多いですが、

そう言った事以外は問題なくご利用できます。(^u^)

大切なのは、需要と供給なのだと考えると、あくまでそれらが御遺族様達側にとって必要なのか不必要なのか…

提供する側にとって、必ずそれらが必要なのか不必要なのか… なんだと思います。

自転車で遠くに行くのはチョッピリ面倒だから、光輝く高級な外車みたいな物に乗って行くのか、

低燃費でスイスイ小回りのきく軽自動車みたいな物に乗って行くのか… そんな感じなのかと個人的には思っています。

言葉のマジック

  • Posted by: koike
  • 2010年11月2日 10:39 PM
  • 葬儀

みなさんこんにちは。E葬儀屋の小池です。 今回の小池のブログは、最近お葬式の新分類分けとされている『直葬』などと言われる文言を、あくまで個人的に少しだけ分析してみたいと思います。  まず『直葬』とは、完全なる “あて字” … と個人的に思っているのですが、みなさんいかがですか? それはどんな言葉達の集まりなのでしょうか? いわゆる『直接葬儀』みたいな意味なのでしょうか… それとも、『直接火葬場』 なのでしょうか? それでしたら、多分『直火』になるはずですね… それって言い方を変えると「じかび」と読めなくないために、さすがにそれでは… と言う感じで、あえてそれではない組み合わせになったのでしょうか…???

それならやはり、「火葬のみ」や「火葬だけが希望葬」と言う感じになるのでしょうか。 皆さんが普通に使っていらっしゃるその文言、いつからどのタイミングでスタートし、どんな意味が含まれているのか分析不足のこんな僕に教えて頂けると幸いです…

先日も私たちへのご相談で、「自宅には帰らないで直接火葬だけで済ます葬儀を考えている…」 と言うお話があったのですが、『もしかしてこれがいわゆる直葬なのか?』と… そうなると、みなさんが使われている『直葬』の意味とは、「自宅には帰らないで直接火葬だけで済ます葬儀」が、それなのでしょうか… そうなると、搬送し火葬すると言う一連のサービスに、いわゆる儀式典は執り行われないのですから、もしかしたら職人気質風のザ・葬儀者(マン)みたいな存在価値も問われる時代なのかも知れないと、あくまで個人的に勝手に思っている今日この頃です…

都内荒川区町屋斎場でのお葬式…

  • Posted by: admin
  • 2010年10月13日 6:42 PM
  • 葬儀

みなさんこんにちは。
先日ご依頼頂いたお葬式は、荒川区の町屋斎場での葬儀サポートでした。
町屋斎場は東京都内の【葬儀式場・火葬場】併設の施設で、大変便利な斎場です。

ところで私の小さなこだわりで、自分のブログには葬儀の総合計や、自社の宣伝など
を書き込み、『結局宣伝ですか…』みたいな中身の全くない『空っぽブログ』のような
つまらないモノにはしたくないので、今回の葬儀のご報告はあえてこのあたりにして、
火葬のみ(直葬とも言うらしい…)について書き込みたいと思います。

前出にも書きました都内の民営火葬場をご利用される方も多いと思うのですが、
病院でご不幸があり、ご自宅には帰れないと言う方に対して、
直接火葬場の霊安室に搬送させて頂き、ご納棺した後に安置して火葬日を待つ…
そんな流れのご依頼が年々増えているなか、市営火葬場や公営火葬場のように、
直接向かっても、お棺にご納棺されていないと安置出来ないと言うケースも
あります。 そのような場合には、一旦どこかでご遺体をご納棺しなければなりません…

無理をしてでもご自宅に一度はお帰りになり、ご自宅でご納棺をされるか、
民営の安置所にご移動した後に、そこでご納棺をされるかのどちらかになります。

そんな時に大変ありがたいのが、前出のような火葬場と霊安室が併設されている、
民営の火葬場なのかと個人的には思っております。

ですので、火葬のみ(直葬とも言うらしい…)をお考えの皆様は、
費用や葬儀社のシステムなどよりも優先してお考え頂きたいのは、

お帰り先の確保やイメージが重要なのかと思っております。
実際にどこの火葬場が急な対応が可能なのかなどはご連絡頂ければお答えさせて頂きます。
知っておくだけで安心な事もあります。
費用ばかりが無二の重要性では無いと、私自身心より感じている今日この頃です。

さいたま市浦和斎場でのお葬式…

  • Posted by: admin
  • 2010年8月11日 9:00 AM
  • 葬儀

みなさんこんにちは。今回の小池のブログは、埼玉県の浦和斎場での

葬儀サポートの件になります。 

ご会葬人数様は、約15名程のご家族葬でした。
ご主人様の突然のご逝去で、大きな悲しみのなかでのお葬式でした。
そんな悲しみのなか、お嬢様から故人様(お父様)へのお別れの最後の
お手紙を読んで頂いたのですが、やはり私達のような葬儀スタッフでも、
これは何度経験しても言葉が出ないほどの緊張感と深い悲しみが式場に
広がり、ご弔問人数の多い少ないに関わらず圧倒されてしまいます…

ご遺族の皆様の胸にしまっていた感情が、文章を伝い言葉として発せられる
瞬間でもあります。

お手紙の文面内容ももちろん大切かとは思いますが、それ以上に、あえて声を
出されて故人様に伝える事に深い意味があるのかと思われます…

簡潔に内容がまとまりませんでしたが、
私達も意味のあるお手伝いを心掛け、「何処でも良かった」 では無く 
「頼んで良かったと」 と言って頂けるよう精進して行きたいと思っています。

赤ちゃんのお葬式…

  • Posted by: admin
  • 2009年3月16日 12:19 AM
  • 葬儀

こんにちは。今回の小池のブログは、先日寺院様よりご紹介頂き、お手伝いさせて頂いた赤ちゃんのお葬式の事になります…

まだ生後間もない二ヶ月の赤ちゃんのお葬式をご自宅で行い、写真のような小さいお棺に、ご納棺させて頂きました。

ちなみにお棺の大きさは、長さ2尺「約60センチ」です。

その小さいお棺の中に、赤ちゃんのパパとママがご用意していた思い出のぬいぐるみや、お写真や、お花を出来るだけたくさん入れて頂き、お別れとなり ました。

本当はもっとたくさんお葬式の事について書きたかったのですが、やはり赤ちゃんのお父さんとお母さんの心情をお察しし、あまり細かい事は控えさせて 頂きます…

お寺様の読経も終わり、ご出棺後にお立会いの皆様約10名様程の方々と、

さいたま市の「大宮聖苑」火葬場に向かいました。

私にはまだ子供がいない為に、ご両親には気の利いた事も言えず、お話出来ずにいた私に、ご両親の方から「小池さんに頼んで良かった…」と声を掛 けて頂きました…

「お悲しみ尽きないそんな時に私のような者にまで気を使って頂くなんて…」

そんなお二人のお気持ちと、優しさと、寛大さに涙が出そうになりました…

本当にありがとうございました。

お葬式的には成立していたのかもしれませんが、お客様のほうにお気を使って頂いてしまった自分には、とても無力さを感じてしまいます…

今回のお葬式のサポートを通じ、自分自身もっともっと色々な事を考え、感じ、努力しなくてはと痛感した一日でした。

埼玉県大宮の葬儀場

大田区臨海斎場での葬儀サポート…

  • Posted by: admin
  • 2008年3月27日 11:49 PM
  • 葬儀

皆さんこんにちは、今日は東京大田区の「臨海斎場」での葬儀のお手伝いをしてきました。

この臨海斎場は、とても綺麗で低料金!

僕自身も絶賛の斎場です。
ここは大田区だけで無く、港区・品川区・目黒区・世田谷区 の方ならどなたでも利用が

¥100,000で出来ます(火葬料・火葬待合室料)別途。

ほとんどの皆さんが喜んでご利用頂けてます。(^^)
せっかくの低斎場利用料なので、僕の方の葬儀サポート料も、花祭壇を含めた料金を極 力抑えてご提案させて頂き、なるべくお客様の出費を少なく出来れば… と思っています。
(なにせこの世知辛い世の中ですので) ^^;

大田区臨海斎場葬儀

まだまだ残暑・・・(^~^;所沢斎場にて葬儀

  • Posted by: admin
  • 2007年9月28日 11:16 PM
  • 葬儀

こんにちは、中央メモリアル・サービスの小池です。9月に入ったと言うのに、まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?

僕は、27・28日と、埼玉県の所沢市にある、市営所沢斎場にて葬儀のお手伝いをして来ました。
朝は随分涼しくなって来たのですが、日中は夏日・・・ いつものように汗ダクになりながらの葬儀施行でした。

ところで話は変わりますが、いつも仏壇納品後や、葬儀後の写真をアップしていますが、もし、料金などでのご質問がありましたら、いつでもお気軽にご連絡下 さい(^^)
特に仏壇などは、扱っている商品が有名大手仏壇店さんと同じ物ですので、弊社のNPOネット販売と言う利便性を考えると、少しでも低料金の方がお得ですよ ね?(^^)
もちろんアフターサービスにも自信がありますので、いつでもご相談下さいね。

お彼岸供養・・・

  • Posted by: admin
  • 2007年9月19日 11:13 PM
  • 葬儀

こんにちは。本日も小池のブログに目を通して頂きありがとうございます。(^^)

今回は時期と言う事もありますので、秋彼岸について書き込みしたいと思います。ちょっと長いですが、最後まで読んで貰えると嬉しいです。 まず、そもそもお彼岸とは「彼岸会(ひがんえ)」といいます。

梵語の「波羅蜜多」の訳で、彼岸に到るという意味です。

迷いに満ちあふれたこの世、此岸(しがん)から、悟りをえた世界彼岸(ひがん)へ到ることを願って、行いを慎む期間とされていました。彼岸へ到達するため に、常日ごろ、忙しさに追われ、自分自身の仏心を見つめることのできない人々が、春と秋の七日間、善事を行い、先祖への報恩感謝を表わします。

この七日間の法会のことを、彼岸会といい、お彼岸と略していいます。
ですから、お彼岸は、自分を見つめ直し、先祖への報恩感謝をすることにより、より豊かな心を持つための、人格形成期間のようなものです。

そのお彼岸の時期は、春は三月の春分の日、秋は九月の秋分の日をそれぞれ中心として、その前後三日間を合わせた一週間を、春のお彼岸、秋のお彼岸と呼んで います。

最初の日を、彼岸の入り、まん中の春分の日・秋分の日を、彼岸の中日、そして、最後の日を、彼岸明けといいます。

仏教には、西方浄土といって、西に極楽があるという考えがあります。
春分の日、秋分の日には、太陽が真東から出て、真西に没します。この真西の日没のところこそ、往生の願いをかなえてくれるところであるという考えで、春秋 二季のこの時期に、彼岸会が営まれるようになったという説があります。

また、仏教では、苦しいことも快楽も、よきにつけ悪しきにつけ、極端にはしらず、中道を重んじます。春と秋の彼岸の時期は、暑からず寒からず、季節の中 道ともいえるでしょう。

仏教の中道を尊ぶ考え方が、季節の中道に重なり、この時期を彼岸会とするようになったのだともいわれています。 暑さ寒さも彼岸までといわれるように、季節の変わりめであり、気候もいい時期のお彼岸は、すっかり日本人の生活に定着しています。

単に仏教上の行事ではなく、今では、私たちの生活のなかで、季節のシンボルともなっています。ご供養としまして、お彼岸の入りまでに、仏壇をきれいに掃除 し、供物を供えます。供物は、彼岸団子や、春ならぼたもち(牡丹餅)、秋ならばおはぎ(お萩)などです。

家族揃って、お墓参りをし、本尊と先祖の供養をします。 また、菩提寺や大きな寺院で行っている彼岸法要にも参会し、お参りしたいものです。なお、菩提寺にお墓参りする時は、お寺にお布施をおくようにします。

新仏のある家では、お彼岸の供養も、丁重にやりたいものです。 彼岸の入りに、仏壇を整え、家族や身近な人々を招いて、僧侶を呼び、読経してもらいます。
お墓が近くにあれば、参会者全員で、お墓が遠ければ、後日改めて家族で墓参するようにします。その後、参会者で会食をします。

親戚や知人の家に新仏があれば、遺族を訪れ、仏前に花をたむけ、線香を立てて、回向します。 春と秋の彼岸の一週間に仏事を行うと、仏の功徳があるといわれています。 新仏や亡き先祖たちのためにも、自分自身のためにも、心を込めて、供養したいものです・・・

と長々書き込んでしまいましたが、この行を読んで頂いていると言う事は、全文制覇ですね?(^^)

ありがとうございます。 僕もたまにはチョッピリ知ったかぶりしたいなぁ~と思いまして・・・(^^;ハハハ ではまた情報がありましたら書き込みます。

花祭壇のお葬式・・・

  • Posted by: admin
  • 2007年6月21日 10:52 PM
  • 葬儀

こんにちは・・・ と、いつもながらの変化の無いご挨拶ですいません。(^~^;
今日は、先日東京の落合斎場でお手伝いさせて頂いた、葬儀の報告をさせて下さい。

この前確か梅雨入りしたはずなのに、連日の暑さの中、相変わらずの汗かきの僕はこの日もハンドタオルを欠かす事無く式場のセッティングをし、ご遺族の方々 を お迎えする準備を整え、花祭壇を撮影・・・ 写真の祭壇は、ご遺族の方々や喪主様と、イメージと金額が合うように打合せさせて頂き決まったものです。

葬儀花祭壇
しかし自分で言うのも変ですが、やはり花祭壇はいいですね(^^)

式場内に色花の香りがたちこめ、なんだか穏やかな気持ちになりますね。

さっきまで汗をかき過ぎて自分が嫌になっていたのも忘れてしまいます ^^
そして時間がたち、通夜ご開式。たくさんのご会葬者の方々をご案内し、ご住職の読経も終わり、無事終了・・・

悲しんでいらっしゃる方や、もの思いに耽っていらっしゃる方、故人様を偲び語らっていらっしゃる方など、送る方たちを、そのたくさん素敵な香りをもつ花祭 壇の中のご遺影が見つめているようにも見えました・・・

と、今回はいつもの小池のブログとイメージを変え、少々詩人的に書き込みをさせて頂きました・・・
似合う似合わないは別なんですけどね。(^^;

では、もう一枚添付しておきます。失礼します。

葬儀花祭壇

ホーム > 葬儀

Search
Feeds
Meta

Return to page top